交通事故で慰謝料はいくらもらえるの?

バナー

交通事故で慰謝料はいくらもらえるの?

死亡事故の慰謝料は、傷害事故や後遺症の場合と同じように、ある程度基準化され、画一化されています。

まず、自賠責基準の交通事故慰謝料について見ていきましょう。

自賠責基準では、死亡した本人の遺族に対して、慰謝料が支払われることになっています。

この場合、請求権をもっている遺族は、父母(養父母)、配偶者、子供(養子や認知した子を含む)です。子供には、妊娠中の胎児まで含むと解釈されています。


本人分の金額で約350万円程度です。


遺族分の金額は、請求権者の人数によって増減します。

請求権者が1人の場合で約550万円、2人の場合で650万円、3人以上になると750万円となります。



これに加えて、被害者に被扶養者がいるときには、さらに200万円が加算されるシステムです。
次に、日弁連基準について見ていきます。

最近の交通事故裁判、各地弁護士会の基準、訴訟上の和解の動向など、さまざまな要素を勘案して基準化されています。
被害者が一家の大黒柱である場合には、約2000万円から3000万円、一家の支柱に準ずる場合が2000万円から2500万円、その他の場合が1800万円から2300万円です。



被害者の年齢や収入、社会的地位や家庭環境など複数の要素をもとに計算されています。



交通事故がおきたときには、遺族はこの基準をもとにして慰謝料を請求することになります。ちなみに、一家の支柱に準ずるとは、一家の支柱以外の場合で、家事の中心をなす主婦などを指します。